• 国語の天才を育てるノゾミワーズ
国語の試験
国語の試験
どのように勉強すれば「国語の試験で点数がとれるようになるか」「国語の偏差値を上げることができるか」を考えてみます。
皆様の声、合格実績
皆様の声
ノゾミワーズを受講していただいてる皆様のご意見、ご感想をお伺いしました。その一部を掲載しています。
ノゾミワーズについて
ノゾミワーズについて
国語力を向上するノゾミワーズの通信教育の特長、概要をお知らせします。
カリキュラム
カリキュラム
ノゾミワーズの2つのカリキュラムについてお知らせします。各カリキュラムからお子様の目的にあったものをお選びください。
国語力の天才を育てる通信教育
国語力とは

国語力とは?

 保護者の皆様方は、お子様にどのような未来を望んでいますか?
 希望する学校に進学すること、立派な社会人になること、経済的に豊かな生活を送ること。様々な望みがあるかと思いますが、その全てに共通するのは「幸せな人生を歩んで行って欲しい」という願いではないでしょうか。
 幸せな人生を歩むためには、自ら未来を切り開いて行く力が不可欠です。なぜなら、保護者の方が先回りをしてお子様が通るためのきれいな道を作ってあげ続けることはできないからです。
 親という字は、「木の上に立って見る」と書きます。その字の通り、親の役割は子を見守ることです。先を歩いたり手をつないで隣にいたりしていては、子どもは自立できません。そして、自立するためには「自分の意見を持ち、相手に伝える力」が必要です。これは「得た知識をベースにして自ら考え、相手の心が動くように的確に表現する力」です。
 そのためには、知識のバックボーンをしっかり持つことが大切です。なぜなら、知識がなければ表現することは出来ないからです。
 ベースとなる知識を得るには「読み取る力=読解力」、得た知識から自分の考えを持って伝えるには「表現する力=記述力」、すなわち「国語力」が要ります。国語力は表面的ではない学力であり、結果が出やすい算数や理科・社会とは違い、心を育むことが重要な教科なのです。結果が出やすいものではないからこそ、"国語は社会に出て最も必要であり、国語力は子どもが自立して幸せな人生を歩んで行くために親がプレゼントしてあげるべき力" だと言えるのではないでしょうか。

社会に出たとき必要な国語力

 今般、子どもの活字離れが各メディア等で取り上げられています。子どもの立場からすれば、活字の並んだ文章よりも、ビジュアルで直感的に楽しめるゲームやテレビ等に走るのはやむを得ないことと思います。
 しかし、一旦社会に出れば、あらゆる情報の伝達は文章によって行なわれるのが 現実であり、その文章を読み取る力のないビジネスマンは、責任ある立場に置かれることはないのも現実です。また、更に悲観的に捉えれば、読み取る力のある者には知識や理論において敵うはずもなく、ビジネスシーンで活躍することはおろか、自己目標の達成すら覚束ない状況に置かれるかもしれません。
 逆に、文章を正確かつスピーディに把握することは、知識量と自らの理論構築に勝り、組織のリーダーとして信頼を得ることに繋がるものと言えます。
 これは、なにも会社組織のなかに限ったことではありません。日常生活においても、様々なシーンで契約や法律に関わる出来事と直面します。そのため「文章を読解する能力」は、「自分や家族を守るうえで備えるべき能力」と言っても過言ではないでしょう。

教育改革によって更に求められる力

 国語力とは、「読解力と記述力」であると言えます。
 読解においては、まずは音読することが重要です。小学校の国語では、しつこいほど音読をさせます。ほぼ毎日のように音読を宿題としている学校も多いでしょう。
 音読は、声に出して読むことによって耳から聞くこともできます。当然のことながら、読めないものは書けませんし、覚えられません。ましてや、自分の知識として他の人に伝えることなどできないのです。そして、漫然と読み進めるのではなく、意図を持って読むことにより読解力が増します。読解とは「読み解く」ことであり、「読み解く」には、慣れること・ポイントをつかむことが重要です。
 記述において必要なのは語彙力です。読解によって得た知識を利用し自分のものとして披露するには、言葉という道具を使いこなす力が要ります。言葉は知らなければもちろんのこと、知っているだけでは使えません。言葉や文章で感動する心を持ち、その感動を読む人にも伝えたい・読者の心に響かせたいという気持ちがないと自分の言葉で表現しているとは言えないのです。

新着情報

2018年08月17日
迷惑電話が多いため当分の間メールのみでの対応とさせていただきます。


2018年03月01日
"Q&A" を更新しました。


2016年07月28日
"保護者様からの声" を更新しました。


2016年07月01日
"春の新入会キャンペーン" は6月30日をもって終了いたしました。
期間中、多数の方のご入会ありがとうございました。


2016年06月24日
どのように勉強すれば「国語の試験で点数がとれるようになるか」、「国語の偏差値を上げることができるか」を考える「国語の試験」を掲載しました。
 

更新履歴

皆様の声

<神奈川県 I様 小6 読解・作文>

ご指導を持ちまして国語力は大いに向上し、担当教諭にも「どのような方法を使ったのか。」と尋ねられ御社のことをお話しいたしました。



<東京都 S様 小6 読解・作文>
正直、最初はこんなシンプルな学習で大丈夫?と疑問がありましたが、信じて続けてきて本当に良かったです。


 

<東京都 S様 小4 読解>
文章を読むスピードや要点をさほどズレずに掴む業?も習得したようで親子共に満足しています

 

 

さらに見る